交通事故の被害者側から謝罪をせがまれて困っている

どのような規模の事故であっても交通事故の被害者というのは非常に大きな精神的ダメージを負うものであり、さらに怪我をしたり車に傷がついたりしてしまえば、そのダメージはもっと大きくなるものです。
双方で保険に加入している場合には、加害者の保険会社から被害者側に対してさまざまな保障が行われることになるのですが、このような保障面だけではなく加害者側の誠意を見せることを求めてくる被害者もいます。

かといって、被害者に謝罪も行くと言ってもやはり被害者に罵倒されてしまったり、時には暴力を振るわれてしまうのではないかといった思いからなかなか腰を上げることができない人もいるのではないでしょうか。
加害者として最低限の謝罪などはするべきかもしれませんが、まずは保険会社に相談することが大切にあります。

トラブルを避けるため、保険会社への相談が第一

前述した通り、被害者への謝罪というのはトラブルになってしまう可能性も多く、みずから被害者側に対して謝罪に出向く加害者もいますが、やはりそこでは暴力に発展してしまうことや被害者側が感情的にヒートアップしてしまい、いつまでも暴言を吐かれてしまうなどと言ったことも考えられます。
そのため、こうしたトラブルを避けるため被害者側から謝罪を求められたら、まずは保険会社さんと十分な相談をすると良いでしょう。
その上で加害者が一人で謝罪に出向くのではなく、保険会社スタッフ等に同行してもらい謝罪に出向くようにすると良いです。

ひとまずはこれで一件落着となるケースがほとんどですが、それでもさらに謝罪を求めてくるような被害者であればこの後は嫌がらせが始まってしまう可能性が高いので保険会社での対応だけではなく弁護士に相談し、弁護士とともに一度謝罪に出向くことをお勧めします。
そうすることによって、弁護士がいるというだけで被害者側としても、下手に嫌がらせをしたり脅しをかけたりすることはできないと判断するため、万が一にでも実際にこのようなことを行おうと思っていても行動には移さずにトラブルにならないケースがあります。

もちろん加害者としては被害者に対して申し訳ないという気持ちを持っていますので、実際に謝罪をするというのは何の不思議な事ではありませんが、近年では、上記したようなトラブルを避けるためできるだけ被害者側との直接的な連絡や世間は避けてくださいと言う保険会社がほとんどです。

誠意を見せる事も大切

上記のとおり被害者側から謝罪を迫られるといったケースではなく、反対に加害者側として保険会社が間に入っているから自分は何もしなくて良いと開き直っていると、反対に被害者の怒りの感情を逆なですることがあります。
そのため、最低限の誠意を見せる形として一度は被害者側に電話で謝罪をするなどといった姿勢も大切になるでしょう。
全く何の音沙汰もないということになれば被害者側の怒りもおさまらなくなってしまうことが考えられます。

せめて電話でも謝罪の言葉を述べて誠意を見せることによって、被害者の怒りが収まることもあります。
また自分自身が加害者になってしまったことを冷静に考えれば、やはりこのような部分で誠意を見せるのは当然のことであり、保険会社が対応するからなどと開き直らずに最低限できることは自分で行うようにした方が良いでしょう。
その上で毎日のように会社から嫌がらせの電話がかかってきたりするようであれば、今後トラブルに発展する可能性が高いので、保険会社や弁護士などに積極的に相談しトラブルを回避していくようにしましょう。

ページ上部へ戻る