事故を起こすと必ず保険の等級が下がるの?

自動車の運転をする上で、万が一に備えて任意保険に加入するという人は非常に沢山います。
月々の保険料がリーズナブルな商品もたくさんあるので、このような保険を選んで加入する人がほとんどではないでしょうか。
任意保険に加入していれば、交通事故を起こしてしまった場合にもしっかりとした保障が行えるだけでなく、自分が被害者になってしまた際には被害者に対して保険会社から保障が行われますので、このような部分でも加入しておいて、助かることは間違いありません。

しかし、任意保険に加入している状態で交通事故をしてしまうとその後に保険の等級が下がってしまうため、月々の保険料が高くなると言う認識を持っている人がほとんどです。
実際に交通事故の加害者となってしまえば保険の等級は引き下げられてしまいますので、その後の保険料については高くなってしまうのは当然のことだと言えます。
その分保険会社としては、様々な保険を保障しておかなくてはならないので、このような部分で大きなマイナスとなり、その後の保険料を引き上げるというのは当たり前のことになります。
しかし、この保険料が高くなってしまうことや保険の等級の引き下げについて、事故をしたら必ずしもこうなるというものではありません。

事故でも保険を使用しなければ等級は変わらない

例え交通事故を起こした加害者となってしまった場合であっても、自分自身が何らかの形で被害者側に対して全ての保障が行えるような状況であれば、わざわざ保険を使用する必要がありませんから、この場合には等級が変わってしまう心配はありません。
あくまでも保険の等級が変わるというのは保険会社を利用した場合となりますから、保険会社からの保障ではなく、自分自身が保障すればここで保険会社に対してのデメリットは何もありませんから、保険の等級は変わらないことになります。

もちろんこの場合には、わざわざ保険会社に連絡する必要もなく、事故によって免許証の色が変わってしまったことや刑事処分が下ったことなども知らせる必要はないでしょう。
ただし任意保険に加入する際に免許証の色をしっかりと提示した上で加入していて、なおかつ免許の色によって保険証保険の等級が変わるような場合には必ず保険会社に知らせなくてはなりません。
これは保険会社側には最終的に交通事故にあって免許の減点が行われ、色が変わってしまうことで保険の等級が変化することも考えられますが、それでも月々の保険料金等についてはあまり大きく変わるものではないと言えます。
やはり大きく変化が現れてしまうのが交通事故で保険会社からの保障をしてもらったというケースになりますので、覚えておくと良いでしょう。

繰り返し事故を起こしてしまうと、等級の下がり具合も変わってくる

上記とは反対に頻繁に交通事故を起こしてしまい何度も保険会社からの保障を受けたと言う場合になると、保険会社からマークされてしまうことになり保険の等級に関しても、初回の事故であれば一つ等級が引継ぎられるといったものでも2回目3回目となることによって引き下げられる等級も大きくなってしまうことがあります。
そうなると当然ながら月々の保険料についても大きく引き上げられることになってしまいますので、月々の保険料も大きなものになってしまうでしょう。

この辺りに関しては保険会社を変えたところで変化があるものではなく、等級そのものを引き継ぐことがほとんどですから、繰り返し交通事故の加害者になってしまうと、その分、任意保険での月々の負担も大きくなると考えていた方が良いです。

ページ上部へ戻る