無保険で加害者になってしまい逸失利益が払えない

自分自身が交通事故の加害者になってしまった際には、被害者側に対してさまざまな保障をしなければなりません。
中でも被害者側に後遺傷害が残った場合には後遺傷害の認定等級に基づいて逸失利益の支払いを命じられることになります。
交通事故によって支払うべき費用の中でも特に逸失利益というのは非常に大きな金額になるため、保険会社などでも支払をする金額そのものが少しでも低くなるように被害者側に対してうまくまるめこもうとしたりすることはありますが、そもそも任意保険に加入していない加害者が逸失利益の支払いを行うことができるのかといえば、通常で考えればそれだけ費用はありませんので支払うのはとても難しいと言えます。

しかし、支払う費用がないからといって、払わなくて良いのかといえばそうではなく、当然ながら少しずつでも分割で支払っていかなくてはなりません。
基本的に逸失利益というのは分割ではなく一括で支払をしなければならないものですが、無保険だった場合にはそれだけの多額の費用を一括で支払うのが難しいケースもあるためこのような場合には被害者側としっかりと話し合いをした上で支払方法についても考えていくことになります。

もちろん被害者側としては一括で支払ってほしいため、弁護士を立てて大きな問題になるケースも考えられますが、それでもやはり支払ができない場合には加害者側としても弁護士を立てた上でしっかりと今後について可能な限りの範囲で支払を続けていく必要があります。

支払えないからと自己破産した場合

逸失利益の支払いが難しいからといって自己破産をしても交通事故の加害者というのはここでの逸失利益が免責になるわけではありません。
そのために自己破産の対象から外れることになり、自己破産をした後、何らかの形で収入を得ながら被害者に対してしっかりと弁済していくことになります。
将来的に加害者が亡くなった場合であっても、ここでの負債そのものは相続内容として扱われてしまい、そこでも支払い義務が発生することになります。

そのため加害者自身が逸失利益の支払いができなければ、ご家族にも多大なる迷惑をかけることになるでしょう。
どのような形であれ、逃げることができず支払いをしなければなりませんので、前出したとおり、弁護士を通じながら被害者となるように支払をすれば良いのかについてもしっかり話し合うようにしましょう。
誠意をもって話し合いを行い支払を続けることによって、被害者にも気持ちが伝わります。
最初でも書きましたが、本来は一括で支払いをしなければならないものですから、被害者側が待ってくれるというだけでも非常にありがたいことだといえるでしょう。
また任意保険に加入していなかった場合であっても自賠責から最低限の保障が行われますので、ここで逸失利益についても支払が行われた上でさらに費用が足りないということになった場合に、前述したような加害者から被害者に対して直接の支払いが発生することになります。

後遺障害の等級が低ければ自賠責保険からの逸失利益だけでも支払を完了させることができるケースもありますのでケースバイケースだと思っておきましょう。
ただし、自賠責保険での逸失利益では足りなかった場合、最後まで責任をもって支払をしなければならないのは加害者となります。
どんな理由であっても免責にはなりませんから、しっかりと払いきるつもりで自分自身の仕事なども頑張っていかなくてはなりません。

それだけ加害者には大きな責任問題が発生するため自分が加害者になってしまった時には責任逃れなどを考えるのではなく、被害者に対しどのように誠意をもって接していくのか、また支払い続けていくのかということを真摯に考えるべきと言えます。

ページ上部へ戻る